無農薬野菜

木村秋則さんが教える「自然栽培」

青森県には木村秋則さんの「奇跡のリンゴ」をはじめ、無農薬栽培を手がける農家がたくさん存在します。これは木村秋則さんの地道な活動によるものです。その木村秋則さんが監修をされている自然栽培を学ぶための雑誌があるのをご存じでしょうか。その名も「自...
無農薬野菜

無農薬栽培と木村農法

奇跡のリンゴ木村秋則映画化されるや、木村秋則さんのことを知る人が急速に増えました。世界ではじめて完全無農薬リンゴを栽培した人としての木村さんを日本国民の多くが知ることになったことはとてもすばらしいことです。そして、木村さんの理念。その農業と...
無農薬野菜

無農薬自然栽培~木村秋則の農業哲学

木村秋則さんの指導されている自然栽培は、自然の生態系のもつ力を活用した農業です。もちろんそれは、何もしないというものではありません。それどころか、たいへん手間のかかるものでもあります。野や山の自然に生えている植物は、厳しい生存競争を乗り越え...
スポンサーリンク
無農薬野菜

農薬や化学物質をできるだけ減らす工夫

農薬を使用した野菜や果物により、皮膚炎や喘息が悪化するアレルギー体質の子供のいる家庭では、毎日の食事は無農薬野菜や無農薬米であることが基本です。そういった体質でなくても微量の農薬が蓄積していく結果として、癌を起こしたり、特発性間質性肺炎など...
蒸留水

蒸留水を飲んでアンチエイジング

蒸留水というのは、昔でいえば、雨水です。一度、蒸発してから気体から液体に戻ったものが雨水です。実際には大気汚染もあり、雨水を飲むのはおすすめできません。それで、蒸留水を家庭で製造する機器を使ってつくります。蒸留水は不純物がゼロであり、体内に...
無農薬野菜

国産野菜の多くは農薬多用、中国産は危険

国産野菜の多くは農薬を多用していて、その使用量は欧米よりも多量です。そして、中国産はそれ以上に危険です。トマトを収穫するまでに農薬が何回散布されるかご存知でしょうか。おおむね四十数回も散布するそうです。熊本県61回、千葉県58回、北海道21...
無農薬野菜

無農薬、無肥料の野菜には虫がつかない

無農薬・無化学肥料で栽培すると野菜には害虫がつかなくなります。不思議なことに害虫は、農薬栽培や化学肥料栽培の野菜を好むのです。我々の既成概念では想像できなかったことです。自然栽培をすると植物は害虫への抵抗力を発揮するようになり、そういう自然...
無農薬野菜

無農薬野菜を選ぶことで健康長寿する

日本ではいま、無農薬野菜を食べる人が増えてきています。 それは、農薬が微量でも蓄積することで長期的には癌になること が次第に明らかになってきたからです。放射能汚染問題がさかんに言われていますが、 放射線は、微量であればむしろ癌を予防してアン...
無農薬野菜

日本に普及、木村秋則さんの無農薬栽培

奇跡のリンゴ農家。木村秋則さん。世界ではじめて完全無農薬、化学肥料ゼロで、リンゴを栽培し、収穫に成功した人です。木村秋則さんの本を読むと、不思議な体験がたくさん出てきます。その中でも木村さんが、リンゴの木に話しかけている場面が印象的です。木...
無農薬野菜

日本の農業政策の問題点と無農薬自然農法の可能性

日本の農業政策は間違っていると言われています。それはあらゆる先進国の中で日本はもっとも農業への政府助成金が少ない国であることからも明らかです。諸外国は日本よりはるかに自国の農業を保護している事実を多くの日本人は知りません。ほかの先進国並みに...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました