スペルミジンで寿命が延び若返り、がん予防もできる

いつまでも若々しい肉体を保ち、元気に生きる人はスペルミジンという物質をたくさん摂取しているという事実が判明しました。大豆食品に豊富に含まれる奇跡の健康成分としてレスベラトロールを超える人気です。納豆や味噌といった安価な食品から補えることも大きなメリットです。実験マウスの寿命が25%も延びたのです。



スポンサードリンク

長生きして癌や認知症も予防できるスペルミジン

学術誌「キャンサーリサーチ」誌に掲載された論文に、老化を遅らせる有力な物質として「スペルミジン」の投与実験の結果が報告されました。それによりますと、実験マウスにスペルミジンを投与すると寿命が25%も延びたというのです。アメリカのテキサスにある大学の研究報告です。人間にあてはめれば、80歳で死ぬところが100歳を超えたということですが、もちろん人間にも同種の効果が期待されているのです。しかも、スペルミジンは身近な食材から摂れる上、がん予防や認知症予防の効果もあると考えられているのです。

スペルミジンは細胞から老廃物を除去し血管を若返らせる

日本乳製品メーカーの「協同乳業」などもスペルミジンの研究を進めています。スペルミジンは、ポリアミンの一種で、人体では精液を構成する主要な物質でもあります。スペルミジンをはじめとするポリアミンは細胞の中で重要な役割を果たしているのですが、老化すればするほどポリアミンの合成能力が落ちるともいわれています。ポリアミンの補充は、食材から補うことのほか、腸内細菌に合成させる方法があります。そしてスペルミジンは長寿化に重要な役割があるポリアミンであり、世界中で同種の研究報告が出されているのです。

健康長寿者の腸内からスペルミジンが大量に見つかっている

90歳や100歳でも元気な人の場合、腸内に存在するスペルミジンの量は平均の二倍もあるとされ、スペルミジンには、記憶力や学習能力を維持する効果も認められているのです。認知症に対する予防効果も期待されているのがスペルミジンなのです。スペルミジンは細胞をきれいにすると言われているのですが、その仕組みは、細胞の中の自浄作用(オートファジー)を活性化する効果です。細胞の中の古くなったゴミを掃除して除去するオートファジーの機序を活性化させて促進しているのがスペルミジンということです。スペルミジンはMAPISという物質を細胞内に増やすことでオートファジーを活性化させ、がん予防にも働いているのです。



スポンサードリンク

納豆など大豆食品に含まれるスペルミジンは心臓血管系疾患や癌も予防

またスペルミジンは炎症を抑える働きがあるので動脈硬化を予防して血管の老化を防ぐこともわかっています。動脈硬化による高血圧や脳梗塞なども予防するということです。スペルミジンを接種することで血管の老化を防止することができます。血管の老化こそが、肉体の老化そのものですから、まさしくアンチエイジングに必須の成分といえるのです。スペルミジンを増やすためにすることは簡単です。スペルミジンを多く含む食材を食べるか、腸内でスペルミジンが合成されるのを促進する食材を食べるだけでよいのです。

スペルミジンは大豆製品など和食の食材の中に豊富に含まれている

納豆や味噌などの発酵食品にはスペルミジンが豊富に含まれています。納豆がその中でもっともたくさんのスペルミジンを含むスペルミジン補充食品といえます。納豆には醤油や白味噌の四倍以上のスペルミジンが含まれているのです。毎日、納豆を食べるという生活習慣がいかにアンチエイジングに役立つか、これでわかるでしょう。とりわけスペルミジンが豊富なのは、「ひきわり納豆」です。普通の納豆は1gあたり56.1μgのスペルミジンを含有しますが、発酵面積の大きい「ひきわり納豆」は、1gあたり75.2μgものスペルミジンを含むのです。

毎日ひきわり納豆を食べると簡単にスペルミジンが補充できる

スペルミジンを補充するには、毎日、ひきわり納豆を食べるのがベストな選択です。ひきわり納豆のほか、味噌、大豆、小豆、黒豆など豆類、しめじ、マイタケ、エリンギなどキノコ類、ブロッコリー、ピーマン、トウモロコシ、オレンジ、ミカン、しば漬け・ぬか漬けなどの漬物、しじみ、サザエなど貝類、小麦胚芽、ナチュラルチーズなどがスペルミジンを多く含みます。ヨーグルトなどのビフィズス菌は腸内を酸性にしスペルミジン合成を促進します。「豆乳ヨーグルト」にすると効果的となります。エビなどからアルギニンを摂るとスペルミジン合成が促進されます。アルギニンは肉類にも含まれているので、肉類を摂ることも大切なのです。

あわせて読みたい関連記事



スポンサードリンク