スロートレーニング

「世界一受けたい授業」などで採り上げられた スロートレーニング方法は、一生太らない体作りができます。スロートレーニング法とはどんなトレーニング法なのか スロートレーニング法とは、ゆっくりとした動きで 最大限のダイエットするものです。著者は、東京大学大学院総合文化研究科教授の石井直方さんが 開発したスロートレーニングは、ゆっくりと筋肉を鍛えることで、ダイエット効果を高めます。腕立てやスクワットなどの単純なトレーニングも、ゆっくりと行うことで成長ホルモンの分泌を高めます。ゆっくりとした筋肉の緊張は、組織に酸素欠乏をおこし、その刺激が、成長ホルモンの分泌を増やすのです。すると筋肉を増やしつつ脂肪組織を燃焼させて、メタボ対策となります。



スポンサードリンク

スロートレーニングDVDの通販

運動そのものは、単純な動きですが、ゆっくりと動くのが スロートレーニングの基本です。 本書では、DVDが附属しているので、わかりやすく実践できます。筋力をつけることは、40才以降のアンチエイジングにとって もっとも重要なことの一つです。 なぜならば、中年期以降は、筋肉はどんどん減少します。筋肉が減れば、それと入れ替わりに脂肪組織がその部位を 占めていきます。つまり脂肪分が増大していきます。 スロートレーニングで筋肉の減少をくいとめて、体型を維持できるのです。

スロートレーニングで太らない体を作る [DVD]

あわせて読みたい関連記事



スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする