マンガでわかる若返りの科学

炭水化物ダイエット

アンチエイジングは体の機能が衰えることを遅らせることです。若さを保つには、内分泌や代謝を活性化させることです。その仕組みをマンガでスピーディに理解できる好著です。40歳を過ぎたら、カロリー摂取を抑えることで長寿遺伝子のスイッチをオンにすることができます。腹八分よりも腹六分です。生活習慣をカロリー抑制型にすることです。寿命の回数券ともいうべき、テロメア活性を保つには、炭水化物をできるだけ取らないようにしましょう。アンチエイジングする生活習慣を身につけることで、内分泌の環境が整い、長寿ホルモンが増えてきます。過剰な活性酸素を減らせば、老化を遅らせることができます。食べすぎ、炭水化物の取りすぎが活性酸素を無駄に増やしています。特にパン、パスタ、菓子類など小麦製品を減らすほうがいいです。

若返りの科学の通販

炭水化物の過剰が体内の糖化を招き、これが老化を促進させます。ミトコンドリアに着目し、食事を炭水化物依存をやめることで、ミトコンドリア代謝系を活性化させ、体力をアップさせられます。子どもを産めなくなったら死んでしまうのが動物ですが、人間は子どもを産めなくなってからが長い時を生きる生き物です。40歳から50歳の人は、生き方や食べ方を変えないといけなかったのです。



スポンサードリンク


マンガでわかる若返りの科学 (サイエンス・アイ新書)

 

あわせて読みたい関連記事



スポンサードリンク