20歳若く見えるために私が実践している100の習慣

南雲吉則医師は乳腺専門医、医学博士です。1955年生まれですが、写真のようにとても若々しいです。その若さの秘密をまとめた本になります。この先生も少食であることを推奨しておられます。少食はこれまでも多くの医家により推奨されてきました。古くは江戸時代の医師で養生訓を著した貝原益軒にはじまり、甲田療法を普及させた甲田光雄医師も少食を推奨されました。甲田医師は、2008年8月に83歳で亡くなっています。一方、長寿の元は想念の持ち方にあると提唱された塩谷信男さんも内科医でしたがこちらは少食はせずに、2008年に105歳で亡くなりました。塩谷信男医師は、正心調息法という呼吸法をアンチエイジングの基礎においておられました。このような事例をふまえると、少食だけで長寿できるのかどうかはいささか疑問も残りますが、少なくとも若死にすることはないのです。

スポンサーリンク

小食健康法で若返り

貝原益軒は、84歳で亡くなりましたが、江戸時代という時代を考えれば、長寿ということになります。少食は長寿のための大きな要素の一つであると考えてよいでしょう。本書ではごぼう茶を推奨しています。ごぼうは、体をあたため、アンチエイジングにはよい食材です。ごぼうの皮にはサポニンが豊富で、薬用ニンジンのような健康効果が期待できるのです。南雲先生のお父様は日本の美容外科のパイオニアである南雲吉和氏です。そして、南雲医師は、形成外科、癌治療、乳腺外来医長を経て、乳房専門のナグモクリニックを開業されています。


20歳若く見えるために私が実践している100の習慣

あわせて読みたい関連記事