冷えを取りながら食事量も減らして若返る方法

若返り

食べない健康法が知られるようになり、不食という健康法に取り組む
芸能人も出てきました。榎木孝明さんが有名です。
食べない健康法は、一日一食にしたり、野菜ジュースだけを食べたり、
西式甲田療法をベースにしたものが多いです。

カロリー制限には確かに若返り効果があり、アレルギーやアトピーが軽快しますが
ひとつデメリットがあって、カラダが冷えやすくなるのです。
冷え症というのは、多くの場合、低体温になっています。
36.5度以上の体温の時、人体の免疫機能は本来の機能を発揮できます。

ところが、35度代の人が最近、増えています。
平熱は35度という人は若い女性にもみられます。
これは新陳代謝が低下しているのであり、若返りを妨げます。
細胞のミトコンドリアという小器官の働きが低下しているのです。
冷え症は、食事と運動と生活習慣で治すことができます。

運動習慣を持ち、冷え取り食材を食べれば少食でも冷えない

食材で冷え取りの効果が高いのは生姜です。
生姜紅茶や、生姜湯、料理にも生姜を多用するなどの
方法で、生姜を毎日摂取すると、基礎体温が上昇します。
それまで35度代だったのが、36.5度代まで上昇することも多いです。

スポンサードリンク

また、体を冷やす牛乳や乳製品を豆乳など大豆製品に切り替え、
冷たい飲食物をとらないようにすることも大切です。
そして夏場はエアコンによる冷えなども服装の工夫で防御し、
冬場であれば、保温効果の高い服装を選択します。使い捨てカイロも役立ちます。

また散歩、ウォーキングなどの有酸素運動で心肺機能を高め、
筋力をつけるダンベル体操などの運動で、筋肉を増やします。
運動の習慣を持ち、身体を鍛えることで低体温を克服することができます。
こうすることで、基礎代謝があがります。
さらに漢方薬にも冷えをとるものがあります。
当帰芍薬散、温経湯、四物湯等、冷えをとる処方を服用して体質改善ができます。

あわせて読みたい関連記事

スポンサードリンク