生姜とニンニクで免疫力を高め、癌を予防する

がん予防

体を温めて、免疫力を高める食材の代表が生姜とニンニクです。これにネギ、タマネギ、ニラも加えると、最強です。こうした食材は、カラダを温めると言われていますが、実際に体温があがるのでしょうか。これは研究機関の実験で確かめられています。体表の温度上昇が確かに発生します。これと逆に、カラダを冷やす食材、たとえばナスなどでは、食後十数分で、体表温度が低下することもわかっています。食材で、カラダをあたためる、冷やすというのは本当なのです。体温があがれば、免疫力が高まります。低体温症の人は、風邪などにかかりやすいことがわかっています。低体温が免疫力を低下させ、癌を誘発します。

スポンサードリンク

代謝アップすることでアンチエイジングを促進

最近は、低体温の人が増えています。エアコンの影響やファッションスタイルも一因です。特に女性は下半身を冷やす服装が流行しているので、健康管理の面からは、問題です。35度ぐらいの体温しかない人も多くなってきて来ます。健康な体温は36.5度以上です。それ以下の場合は、癌になりやすいですし、さまざまな感染症にかかりやすいのです。その冷え症体質を改善する方法が、体を温める食材をたくさん食べることです。毎日の食事の中で、生姜やニンニクそしてネギ、タマネギ、ニラなどを取り入れましょう。その際、できるだけ無農薬、低農薬、国産のものを選びましょう。農薬や添加物の悪影響には注意が必要です。アメリカでも、ニンニクは癌予防の食材としてもっとも推奨されているものです。

あわせて読みたい関連記事

スポンサードリンク