赤ブドウのレスベラトロールと若返り

レスベラトロール

長寿遺伝子は適度な運動で活性化します。
そのため、運動不足は避けましょう。
仕事ばかりしているのも運動不足を招くので、
平均して1日9時間以上の労働をしないようにしましょう。
次にスポーツを定期的にするようにしましょう。
おおむね週3回、1回30分以上のスポーツが理想です。
毎日散歩できるならそれでもよいです。

スポンサードリンク

長寿遺伝子を活性化するさまざまな方法

栄養のバランスがとれた食事をしましょう。
そして、日頃からストレスをためないようにして、
ストレス発散法を心得ることもきわめて重要です。

食事の量を減らして一日の摂取カロリーを減らすことでも
長寿遺伝子は活性化します。

しかし、どうしても満腹になるまで食べたいという人も多いでしょう。
そんな人には、かつおだしの成分をおすすめします。
かつおだしの成分には満腹感を高める作用があります。
かつおだしの成分が胃の運動を促進して満腹感を高めてくれるのです。

かつおだしには、乳酸や苦味成分のヒスチジン、
うま味成分のイノシン酸が含まれていて疲労回復や血流改善の
効果があることがわかっていました。

このかつおだしに満腹感を高めて少食の実践を助ける効果が
あるとわかったのです。
かつおだしを簡単にとる方法はもちろん、鰹節です。

長寿遺伝子を活性化するレスベラトロール

動物実験では寿命を延ばすことが認められているレスベラトロール。
長寿遺伝子を活性化するのです。

糖尿病や高血圧にもよいとわかり、生活主観病の人も注目です。
赤ぶどう酒のポリフェノールが、動脈硬化を改善することは有名です。
ポリフェノールは心臓病などを防ぐとされ、赤ぶどう酒を飲む人が増えました。

スポンサードリンク

赤ブドウにはレスベラトロールが含まれます。
レスベラトロールを高齢者に服用してもらう研究も進んでいますが
動脈硬化が改善したり、記憶力が増進したりといった報告も出ているようで、
アンチエイジング効果に期待が高まっています。

レスベラトロールは赤ブドウ等に含まれる

レスベラトロールに、人間の細胞にある長寿遺伝子を活性化させる
作用があるらしいことがアメリカでの研究で次々明らかになってきました。
これまで赤ワインのポリフェノールが動脈硬化を予防するなど、
認知症の予防にも効果があるとされてきましたが、ブドウの持っている
真の力は他にあったのです。それがレスベラトロールです。

レスベラトロールにより、認知機能が改善したというアメリカでの
研究データが発表されるや、たちまち世界中が注目しました。
100歳まで健康に美しく長寿する方法には、レスベラトロールに代表される
効果的なサプリメントの服用、そして適度な運動や心の持ち方など、
多用な要因がからんでいます。

あわせて読みたい関連記事

スポンサードリンク