抗加齢医学

抗加齢医学

ジェネリック医薬品

最近、風邪などで病院にかかると、ジェネリック医薬品をもらうことが増えてきました。ジェネリック医薬品というのは、後発品の医薬品のことであり、先発の薬の特許が切れた後にぞろぞろと発売されるお薬のことです。医療業界では、ゾロという隠語で知られてい...
抗加齢医学

40歳から癌予防しよう

40歳からの癌予防には、食生活を改善することが大切です。塩分の取りすぎは、胃がんを誘発しますので、干物などの塩蔵魚介類は控えましょう。焦げのついた魚にはヘテロサイクリックアミンという発がん性物質が含まれています。焦げの部分は食べないようにし...
抗加齢医学

ポテトチップスで癌になり老化する

ポテトチップスなどに含まれるアクリルアミドが、遺伝毒性をもつ発癌物質であると、 日本政府の内閣府食品安全委員会が2014年10月に発表しています。ジャガイモに含まれているアスパラギンというアミノ酸が、120度以上の高温で、 加熱されることで...
抗加齢医学

100まで元気で若々しい人の特徴

日本では、毎年、3万人ずつが100歳を迎えています。そのうち、五万五千人ほどが、100歳以上の日本人の人口として、横ばいになっています。その中でも食事や入浴や着衣などの日常生活に介助を必要とせず、自立した状態の100歳以上の人は二割に達して...
抗加齢医学

アンチエイジングは筋力低下を予防することから

40歳前後の人にとってアンチエイジングのために筋肉をつけることが不可欠です。40歳ぐらいからは、筋肉は鍛えないでいると、脂肪組織に次第におきかわっていきます。筋肉の減少は、基礎代謝の低下を招きます。40歳以降では低体温の人が多くなる傾向があ...
抗加齢医学

顔を見れば病気がわかる O‐リング応用健康法

O-リングテスト(オーリングテスト)とは、2本の指でつくったO-リングで行う、クスリも機械も使わない画期的な医療検査法なのですが、この検査法を実施している医療機関は日本国内でもきわめて少ないです。血液検査などと違って、即座に結果がでる検査で...
抗加齢医学

やせ過ぎの女性

日本成人病(生活習慣病)学会は日本の若年女性の「やせ」傾向が 深刻であるとしています。いま、やせ過ぎの女性が増えてきているのです。女性の過度のやせは健康障害に加え、低出生体重児増加をまねきます。若い女性のやせ過ぎは、いまや国民の健康に対する...
抗加齢医学

トランス脂肪酸の摂取は危険

アメリカでは油脂食品の栄養成分表示の部分に、総脂肪量や飽和脂肪酸量、コレステロール量に加えて、トランス脂肪酸の量を表示することが定められています。ニューヨークでは、2006年、すべての食材に、トランス脂肪を使用することを禁止するという法律が...
抗加齢医学

レモン水の効能

レモン水は簡単にビタミンCが補給できる食材です。レモン水を毎日飲むことで、耳鳴りが改善したという報告が健康情報誌などにもしばしば、掲載されています。ビタミンCは老化防止のサプリメントとして広く知られており、大量摂取が癌など悪性腫瘍にも一定の...
抗加齢医学

老けない人はやめている

ぜい肉がなウエストや、ツヤのある健康な美肌をアンチエイジングにより取り戻すためには、何をやめればいいか。30代にしか見えない50歳と呼ばれる著者が、40代に入ってからでも、正しい食生活と生活習慣で、何歳からでも若返るノウハウを伝授します。見...