三十歳を過ぎると筋肉は毎日少しずつ減少

若返り

ダイエットの王道は運動です。運動効果を高める方法が骨盤をととのえていく方法。骨盤の位置を整えてくれるベルトやスパッツを着用しつつ、日常生活や運動を行うと、動きによって骨盤の歪みが解消、結果的に姿勢がよくなり、全身の代謝が改善、向上してダイエット効果が出てくるというものです。少ない運動でも大きな効果が出せるとして、骨盤の歪みをとるベルトやスパッツなどがとりいれられています。その効果を高めるには運動量を増やすことです。プールで泳ぐこともおすすめです。

スポンサードリンク

筋肉をつけると全身のアンチエイジングになる

筋力をつけることは、代謝を高めて、むだな脂肪を減らしてくれるので重要です。筋力トレーニングと、ウォーキングなどの全身運動を適度に組み合わせて毎日のメニューを考案するといっそう効果的です。むずかしい場合は、散歩と筋トレを交互に行うのでも良いでしょう。トレーニングに際して、骨盤を整えるベルトやスパッツを着用するといっそう効果的にダイエットできることでしょう。三十歳を過ぎると、筋肉は毎日少しずつ減少しますので、それを予防するうえでも運動は必須の健康法です。

骨盤底筋を鍛えて下腹部のトラブルを解消

40才を過ぎると、女性で尿漏れに悩む人が増えてきます。くしゃみなどの腹圧がかかると、尿が漏れてしまう経験がありませんか?これは膀胱から尿道までの通路を囲む骨盤底筋群が弱くなってきている証拠です。この筋肉は、通常は歩行や激しい運動で、自然に鍛えられています。ところが中年以降になると、運動することがなくなり、骨盤底筋を鍛える機会が減ります。そのため次第に筋肉が弱体化していき、尿漏れなどの現象が起きてきます。こうなると内臓の下垂も始まり、体型がますます崩れてしまいます。これを防止するには、骨盤底筋体操が簡単です。

スポンサードリンク

骨盤底筋運動で若返る

ぎゅっと肛門を締めつけて数秒間維持し、またゆるめて、そしてぎゅっと締めつける。この動きを一定の間隔で行う訓練法で、座っていても立っていてもできます。骨盤底筋群への刺激を適度に行いながら、美脚効果も期待できる動きがあります。それは、足を開いたり閉じたりという運動。短時間で骨盤底筋と美脚効果のある大腿部への刺激を同時に行えます。これで尿漏れも治り、足も細くなります。それだけではありません。ウエストも引き締められます。お腹の脂肪もとれてしまいます。一石二鳥というよりも一石三鳥ですね。体操を続ける習慣があると、いつまでも体型が崩れず、若々しい肉体を維持することができます。これは世界中の抗加齢医学の研究者が、共通して主張している見解です。

体操の習慣がほとんどない人はマッサージも効果的

皮膚への刺激はアンチエイジングに有効であることが、古来から知られてきました。皮膚をさする、もむ、などのマッサージの技術は、中国の道教では、導引術と呼ばれ、不老不死の秘術とされてきました。タイ式マッサージも有名です。こうしたマッサージ手法は、道具を使わず、主に手掌を使います。皮膚刺激はリンパの流れを整え、ホルモン分泌や基礎代謝にも好影響を与えます。背骨の歪みはアンチエイジングの大敵です、これを予防するには適切な運動が必要。背骨が歪んでくると、内臓が下垂して下腹がぽっこりしてきます。座りっぱなしの生活や、デスクワークなどで姿勢に気をつけない生活をしていると、下腹を引き締めるお腹の筋肉が弱体化します。

ウォーキングで下半身を鍛える

筋肉の緊張がなくなって筋肉の使い方そのものを忘れてしまう。こうして下腹ポッコリが始まります。対策は、正しい姿勢で立つことです。立つとき、歩くときに使う筋肉をひとつひとつ意識して動かす正しいエクササイズが重要。毎日少しずつ続けるとそれだけでかなり上半身の筋肉の凝りがほぐれて、背骨の歪みがとれます。すると内臓の下垂が改善して、下腹ポッコリがとれてくるのです。運動は大腰筋や腰方形筋などの体の内部の筋肉を強化するので、骨盤が締まり、ウエストも締まってきます。正しい姿勢と、下腹への刺激になるエクササイズで、内臓下垂の下腹ぽっこりは解消できるのです。

あわせて読みたい関連記事

スポンサードリンク