無農薬野菜は通販で簡単に購入できます

流通が発達した今の時代は全国どこに住んでいても、好きな地方の無農薬野菜を通販で届けてもらえるのです。住んでいる地域によっては無農薬野菜を販売している店が近隣にない場合も多いです。そんなときは通販を使って、無農薬野菜をとりよせることをおすすめします。通販の利点は自宅にいながらにして無農薬野菜を手に入れられることです。癌を治したい、アレルギーを治したい、喘息を治したい、アンチエイジングしたい、肌をきれいにしたい、そういう希望をもつ人は無農薬野菜を食べて体をよみがえらせましょう。

スポンサーリンク

癌を治し健康長寿する野菜

無農薬野菜は、ビタミン、ミネラル、抗老化栄養素が、 豊富に含まれていることがわかっています。いま、アトピーやアレルギー、喘息などが増えている理由の 一つが農薬の長期的な影響であると指摘されています。 農薬が人体において十年単位で及ぼす悪影響については、研究がまだありません。 短期的には安全性があっても、長期的には、発癌性があったり、免疫撹乱作用でアレルギーやアトピー、気管支喘息を誘発している可能性が あります。農薬まみれの野菜を食べていると、野菜のもつ本来の効果を農薬が 相殺しているかもしれないのです。野菜でがん予防をしようとして、かえって発癌性のある農薬を 体内に取り込んでいるとしたら、大きな矛盾です。一度、無農薬野菜を食べてみれば、これまでの農薬まみれの野菜が、いかに栄養の少ない、不完全な食材だったかわかります。

無農薬野菜の普及に貢献した木村秋則さん

木村秋則さんの足跡を最初に世に知らしめたのは「奇跡のリンゴ」でした。「奇跡のリンゴ」は、これまで26万部を売り上げたベストセラーになりました。そして、木村秋則さんの自然栽培を学びたいという農家が増えて、日本に無農薬栽培の大きな流れが生まれました。リンゴの無農薬栽培を成功させるまでの物語が映画化されました。木村秋則さんを演じたのは阿部サダヲ。木村さんの奥さんの役は、菅野美穂。ほかに山崎努や原田美枝子が出演の映画で監督は中村義洋です。木村秋則さんご本人も親戚の役で出演をされ、映画を盛り上げました。久石譲が音楽を担当しています。木村秋則さんはいまでは、リンゴだけではなく、あらゆる野菜や果物の自然栽培を全国で指導されているのですが、海外でも講演を行っています。日本の青森県の岩木山の山麓の一農家が、実現させたリンゴの完全無農薬栽培。それが自然栽培という潮流を生み出し、日本だけではなく世界の人々も感動させています。

アンチエイジングのために無農薬栽培の野菜、米、果物

アンチエイジングに造形の深い石原結実さんが100歳まで健康長寿するための秘訣として、ニンジンリンゴジュースを推奨していますが、 このジュースに使う野菜もまた、無農薬のにんじん、リンゴをおすすめします。 にんじんやごぼう、そしてリンゴなどは皮の部分にアンチエイジングに効果のある 栄養素が多く含まれています。ところが農薬のことを心配するなら、野菜や果物の皮の部分は農薬が蓄積する部位であるゆえに、そこを取り除かねばなりません。これは非常にもったいないです。無農薬栽培の野菜や果物であれば、表面の汚れを洗浄すれば、皮ごと安心して食べられるのです。 皮ごとジュースにすれば、栄養価も倍増します。また、無農薬栽培の農作物には、通常の農薬を使った栽培の農作物よりも、ビタミン、ミネラルなどの栄養素が大量に含まれているのです。それは農薬の使用とは化学肥料の使用と表裏になっているからです。 農薬を使う場合は、化学肥料も同時に使いますので、硝酸塩が多くて、ビタミンやミネラルが少ない野菜になってしまうのです。無農薬栽培は、天然の堆肥などを肥料にするので、自然と、 栄養が豊かに含まれる農作物となるのです。

あわせて読みたい関連記事