奇跡のリンゴ農家、青森県の自然農法家、木村秋則

スポンサーリンク

リンゴを完全な無農薬、無化学肥料の条件下で栽培し、生産に成功するという常人にはなしえなかった偉業を遂げた木村秋則さんですが、そこに至るまでの道のりは尋常なものではありませんでした。八年間ものあいだ、リンゴの樹は実ることもなく時間が過ぎました。その間、さまざまな苦心と苦労を重ねて自然農法を研究実践された木村秋則さんを支えた奥様や子どもたちの尽力もあり、ついに自然農法でリンゴ生産に成功しました。

木村秋則さんの弟子になった農家

木村さんの提唱する農法がいまや日本中に知られるようになり、そのノウハウを学びたいという後進が次々と現れ、木村さんは全国をまわって後進育成のために不眠不休で活動を続けてこられました。その成果により今、日本各地で米、野菜、果実の自然栽培が普及しつつあります。これまで不可能とされた桃をはじめとするさまざまな果実も完全な無農薬、無化学肥料で栽培ができることがわかってきました。米や野菜はいうまでもありません。その結果、本当に健康によい栄養価の高い農産物を日本国民が食べられるようになりつつあります。まさに農業ルネサンスといってもよい新しい流れが始まろうとしています。木村秋則さんの映画が多くの国民に見られることでいっそう認知度が高まり、日本の農業の建て直しが実現することを念願してやみません。

りんご、無農薬・無化学肥料栽培

木村秋則さんの無農薬リンゴを入手するのは現在では困難ですが、 木村さんの自然農法を学ばれた各地の農家が、無農薬リンゴを完成させて、 国民が広く入手できる環境が整いつつあります。 無農薬のリンゴは、農薬アレルギーのあるお子様でも安心して 丸ごと食べられます。 しかもたいへんおいしいです。農薬にアレルギーがあるお子様でも安心な健康によい果物や野菜が増えています。有機リン系の農薬は、子どもの脳に有害な影響があり、それが発達障害の発生にも関連していることがわかってきています。奇跡のリンゴで有名になった木村秋則さんですが、リンゴだけではなく、お米や桃や梨などさまざまな作物で、無農薬栽培を成功しておられ、その確かなノウハウは海外でもキムラメソッドとして普及されつつあります。

世界に普及する木村農法

この農法は、無農薬かつ無肥料での栽培です。つまり、土と日と水だけで作る「自然栽培」なので、化学物質のアレルギーがあるアトピー患者でも安心して食べられるのです。石山農産では、木村秋則さん直伝の「自然栽培」で、ササニシキと、あきたこまちを育てています。アレルギー体質の人は、農薬の使用された米でも反応がでますが、化学肥料がもたらす影響にも過敏です。しかし、この農法では、化学肥料は使用しないので、安心して食べられるのです。奇跡のリンゴ農家として知られる青森県の自然農法家、木村秋則さんの完全無農薬リンゴ栽培の苦節の物語を映画化した作品が、2013年の六月に公開されました。阿部サダヲが木村秋則さん役を演じ、菅野美穂が木村さんの奥様を演じた感動の作品です。DVDになっています。今や日本中の自然農法を志す人々に指導され、日本中また世界中を飛び回っています。その一方で今もリンゴづくりを手がけつづけているのです。

木村秋則さんの映画DVD

木村秋則さんの半生を描いた映画「奇跡のリンゴ」はDVD作品となり、入手できます。木村さんが苦労の末に完全な無農薬、無化学肥料の条件で、リンゴを栽培することに成功するまでの物語です。木村さんは1949年、青森生まれなので、もう70歳になります。木村さんが確立した栽培方法は、弘前大学農学生命科学部の杉山修一教授により世界で初めての手法であると認定されています。リンゴの栽培には農薬と化学肥料が欠かせないというのがそれまでの常識だったのです。木村さんは、1978年から本格的にりんご無農薬栽培に挑戦しました。害虫を手作業で駆除したり、たいへんな苦労を重ねましたが10年近く収入のない毎日が続きました。妻子は貧しい生活の中で苦労と共にし、木村さんを支えました。すでにさまざまな作物での自給用の無農薬、無施肥栽培で成果をあげていた木村さんは、独自の視点から、りんごの栽培方法に改良を重ね、大豆の根粒菌を使う方法を応用し、土の中のリンゴの根張りを改善し、1986年にはようやく実を実らせることに成功しました。

無農薬でリンゴを実らせた男

それまで一部の人にしか知られていなかった木村さんの農法に光が当たるときがきました。2006年12月放送のNHK「仕事の流儀」において木村さんの無農薬リンゴ栽培が取り上げられたのです。やがて本が出版されると多くの人の共感を得ました。そして木村さんは日本全国、世界へと無農薬農法を普及させるための活動を始めました。木村さんが当初かかえた借金も本が売れることで返済をすることができました。 世界へも無農薬農法を普及させようと願う木村秋則さんは韓国でも無農薬栽培を指導し、その功績により、2009年11月、京畿道名誉市民、聞慶市名誉市民として表彰されました。木村さんは招聘されれば、いかなる国へも講演に出かけていきます。日本国内では、2010年よりNPO法人岡山県木村式自然栽培実行委員会が木村さんを招聘し、自然栽培による農業指導を受けました。2011年には石川県能登地域と新潟県佐渡市が国連食糧農業機関(FOA)によって世界重要農業資産システム(GIHAS:ジアス)に認定されました。木村秋則さんは、日本中そして世界中を飛び回り、無農薬栽培を指導したのです。みんなひとりひとりが社会のためになにか役に立つ生き方をしていったら、この日本はどれほど素晴らしい国になっていくでしょうと木村さんは、おっしゃっています。

無農薬野菜の宅配サービス

無農薬野菜を食べていると、長年、蓄積された農薬の害も次第に 体外に排出されていき、体質も改善してきます。アトピー性皮膚炎や気管支喘息そして皮膚疾患のほとんどは、農薬や化学物質などの有害物質が皮下組織に長年にわたり 蓄積するからだともいわれています。 皮下脂肪組織には、処理しきれない化学物質をためこむ層があり、一定の有害物質が蓄積すると突然に発症することになります。 最近ではアレルギー疾患だけではなく子宮筋腫や子宮内膜症などの 女性疾患も農薬や石油系合成化学物質が原因といわれています。無農薬野菜を安定的に供給する自然栽培農家と契約して、安全な食材を宅配してもらうのが最善の方法です。千葉県の無農薬野菜の生産する自然栽培農家からの野菜を産地直送する ミレーをご存知ですか? 旬の野菜がどっさりの「お試しセット」を食べてみるとわかります。究極の甘さの無農薬にんじん、幻の多古米などもあります。 入会金や年会費は一切無料です。送料がお得な「定期購入」もあります。無農薬野菜のミレーは、小松菜、ほうれん草も葉先まで水分が保たれ、鮮度の高さは一目瞭然です。無農薬野菜のミレー

あわせて読みたい関連記事