蒸留水はデトックス作用が強い

蒸留水はどのようなメリットがあるのか

蒸留水はデトックス作用が強いので、体内老廃物を除去することにすぐれています。これがアンチエイジングに有効であり、動脈硬化した血管を若返らせ、細胞や組織にたまった不純物や老廃物をどんどん排泄させていきます。脱水のリスクのない状況で、飲む水としては蒸留水は最高の水なのです。生活習慣病や加齢を恐れる人は、毎日、蒸留水を飲むとよいです。

蒸留水はピュアウォーターともいわれる

成分は、H2Oだけです。塩分も糖分もそして、ミネラル類も何も含みません。そのため、脱水改善や熱中症予防には、蒸留水は使えません。脱水予防にはオーエスワンが適切です。脱水傾向のときに蒸留水を飲ませても、効果はありません。脱水傾向の場合は必ず糖分、塩分を含んだオーエスワンのような経口補水液を使ってください。

蒸留水の持つ解毒作用、デトックス作用

動脈硬化を改善させているのはほんとうのようです。蒸留水は、オーエスワンなどの経口補水液のコンセプトとはまったく正反対に、純粋な水を健康に活用するものです。純水は、不純物がありません。それは、溶媒として最良のものであり、体内環境を浄化するデトックス作用をもちます。脱水予防や熱中症予防には蒸留水は不向きですが、平時においては蒸留水健康法ほどすぐれた健康水はないといえるのです。

蒸留水だけで98歳の長寿を達成した医学博士

ランドーン博士は、自分自身で蒸留水を飲むことを実践し、じつに98歳の長寿を達成したのです。 それだけではなく、ランドーン博士の風貌は、98歳の 死を目前にしたときでさえ、まだ50代の風貌であったといいます。しかも、完全な健康体のまま眠るように最期をむかえています。ランドーン博士は、老化というのは血管の老化なのだと主張しました。血管の壁に、不要なミネラルや不要な重金属や脂分が溜まり、それが動脈硬化をひきおこし、その結果、全身が老化するのでこれは医学的にも現代医学で証明されていることです。その動脈硬化を改善する決定的な方法はいまだアカデミズムの中では確定していないのです。しかし、ランドーン博士は蒸留水こそがそれを実現すると主張しました。

蒸留水が体内でどのように働くのか

蒸留水が体内に入ると、まず血管の壁を掃除します。血管壁にこびりついている老廃物は、蒸留水のデトックス効果により、 しだいに蒸留水にとりこまれ、それが体外に捨てられるようになります。日常的に蒸留水を飲み続けていると、この作用が常態化しますので、血管はどんどん若返っていくということです。ランドーン博士が診察した患者の中には動脈硬化で寝たきりに近い 患者もいましたが、すべての飲料水を蒸留水に変えさせることで、この患者は立ちあがり、健康体を取り戻しています。蒸留水を毎日飲むだけで、これだけのアンチエイジング効果があるなら、すごいことだと思います。

メガホーム社製・蒸留水器<メガキャット>

あわせて読みたい関連記事

タイトルとURLをコピーしました