木村秋則農法の自然栽培

無農薬と無化学肥料で育てる自然農法を木村秋則さんが確立

木村秋則さんの農薬を一切使用しない自然農法を忠実に守って育てられたササニシキの白米は健康増進してくれるおいしいお米です。木村秋則さんの農法を学ぶ農家が今、どんどん増えてきています。木村農法の実践者が生産した無農薬米が通販で入手できるようになりました。

映画「奇跡のりんご」が公開され木村農法が普及

木村秋則さんの映画「奇跡のりんご」が公開されて、それにあわせて木村秋則さんの三冊の新著が発売されました。その後も次々に著作が出ています。最初は「土の学校」です。土についての木村秋則さんの考え方がよくわかる本で、無農薬栽培を志すすべての農業関係者に熟読してもらいたい名著になっています。木村さんの視点は、土は生きているというところから始まっています。そもそも、土は、落ち葉が姿を変えたものだということです。

落ち葉が土になり微生物が土壌を豊かにする

農業における土壌とは、落ち葉の変化した姿と言い切る木村さんの慧眼に脱帽です。落ち葉が土になったのは微生物による分解を経てのことです。つまり土の中には、 ものすごい数の微生物が生きているということです。 それが土は生きているという言葉につながります。しかし、いつのころからか、人間は土を汚いと思うようになりました。その頃から農業は農薬や化学肥料を必要とするものに変わり人間は自然から遠ざかりました。農薬も化学肥料も土壌の微生物を滅ぼします。

無農薬栽培が本来の姿

考えればわかることですが、自然の植物は、肥料発明の何億年も昔から生きています。江戸時代は農薬などありません。堆肥や糞便を肥料にしても、化学肥料というものは不自然です。そういったことが学べる本です。木村さんによると、化学肥料による栄養が土壌に余るから害虫が来るのです。もし、多種多様の草が生えていれば、その土壌に多種多様の微生物が生息します。この対極にあるのが連作障害です。農薬と化学肥料で土の中の微生物が単一化することで 連作障害がおこるのです。農薬による消毒は、微生物の皆殺しです。それは、土壌を殺すことであり、土は死に最終的には栽培は不可能となるのです。病気や害虫を、農薬と化学肥料で押さえ込む発想が間違っているのです。いわゆる害虫はいわゆる益虫の食料となっているという事実をどうとらえるのか。といったことが書かれています。非常に啓蒙される本です。もう一冊は、「ソウルメイト」です。これは木村秋則さんの奥様のことなど周囲の人々とのエピソードなとがまとめられています。 映画「奇跡のりんご」でも、奥様との夫婦愛が感動的でした

木村秋則、奇跡のリンゴとソウルメイト

木村さんの映画をみて感動し、涙を流した人も多かったと 思います。青森県の岩木山の山麓の小さな農園の主が 世界にさきがけてリンゴの完全無農薬、無肥料栽培を実現しました。木村秋則さんの無農薬りんご栽培の実現を支えたのは、目に見えない 不思議な存在との交流でした。十年以上も極貧に甘んじながら、苦闘の末についに実現させた完全無農薬、無肥料のリンゴ。木村さんのリンゴ畑に突如、現れたUFOや宇宙人。幻視か実在か、神龍が教えてくれたメッセージと臨死体験。木村さん自身は、決して特殊な霊的能力があるわけではありません。しかし、没我没頭の精進努力の全身全霊の活動の中で、不思議な 出来事が多々現れていたのです。無農薬・無肥料でリンゴの実をたわわに実らせるという不可能を可能にした 奇跡のリンゴ農家、木村秋則さんの映画が放映され、多くの人が、木村さんのことを知るようになりました。この映画はあまりにも事実に忠実に構成されており、木村さんは 試写会では、そのあまりのリアルさに、途中退席するほどだったといいます。目に見えない存在との出会いについて、木村さんは長年、ほかの人には 語ることがありませんでした。しかし、その時がきたと判断されたのです。 ほんとうに大切なものは『見えない部分』にこそあると確信する、木村さんがはじめて、スピリチュアルな体験を語ったのが本書です。 この本は、私達にたくさんの気づきを与えてくれる書物です。

天緑農法も農薬を一切使用せず豊かな実りを生む

日本各地で無農薬栽培で米を育てる農家が増えてきています。 消費者が無農薬米を必要とし、購入していくことで さらに無農薬栽培は増えていきます。無農薬で野菜や米を栽培するためにさまざまな農法があります。その中でも大自然農法と呼べる農法として知られるのが天緑農法です。無農薬栽培の一つです。天緑農法は、藍藻類を使った農法です。この微生物を中心とする独立栄養微生物の増殖により、土壌を肥沃にします。農薬は大地の微生物を殺しますので、土壌の栄養素は年々枯れていくのです。藍藻類は大地を肥沃にし、作物はミネラル豊富な健康野菜になります。 カルシウムをはじめとするミネラルが藍藻類の活動により土壌に蓄えられます。 無農薬栽培だからこそ、これが可能になります。地球創世期より存在する藍藻は、約35億年も絶滅することなく存続しています。 その強靭な生命力の藍藻の力でミネラルやビタミンなどの豊富な米をつくります。 しかし、農薬を使えば、これら微生物も死に絶えてしまうのです。天緑農法では完全な無農薬農法のために、「残留農薬80項目すべて検出せず」の結果になっています。残留していないのですから、まったく安全な米であるということです。農薬を使うことで土壌の微生物を殺し、そして痩せた大地になって、化学肥料でそれを補う。いかに不自然なことをしているか、考えたらわかります。 自然の大地からの栄養素は、化学肥料のもたらすものとはバランスも中身も違うのです。

あわせて読みたい関連記事

タイトルとURLをコピーしました