天然プロゲステロンクリームで若返る

天然プロゲステロンクリームとは、人体で生成されるプロゲステロンとまったく同一の成分のクリームです。プロゲステロンは、男女ともに有益なホルモンであり、若返り、がん予防、うつ解消、熟睡、血栓予防といった多くの健康増進を支えている必須のホルモンです。多くの女性でプロゲステロンは不足状態にあります。

ホルモン補充療法は有害

ホルモンといえば、女性ホルモン(エストロゲン)ばかり、注目されていて、何かといえば、女性ホルモン(エストロゲン)不足の解消をめざす話ばかりです。ところが、「医者も知らないホルモンバランス」の著者であるジョン・R・リー博士は、女性ホルモンは不足しているのではなく、むしろ、女性ホルモン優勢の状態に多くの女性は陥っており、それがさまざまな体調不良を引き起こすと主張しています。現代医療では、多くのレディースクリニックで、ホルモン補充療法を行っています。ところが、このホルモン薬とは、人工的に合成された化合物であり、人体に自然に分泌されるホルモンとは違う物質です。そのため、使用することで、乳がん、子宮がん、血栓症など、副作用が起こりやすくなるのです。これは実は低用量ピル、子宮内膜症治療のお薬としてのホルモン剤などでも、すべてあてはまる問題点です。合成ホルモンは、環境ホルモンと同じで、人体において副作用が大きいのです。発がん性、血栓など危険な副作用があります。

不足していたのは女性ホルモンではなくプロゲステロン

一般の婦人科などでは、女性の不調については、女性ホルモン(エストロゲン)が不足していると考えて、エストロゲンを補充することが多いのですが、ジョン・R・リー博士はこれが大きな誤りであると述べています。体内では、エストロゲンとプロゲステロンは、一定の比率で存在することで、健康を維持しています。1:200というバランスです。そして、PMSや更年期、メンタル不調を抱えている時、プロゲステロンが不足し、1:200という比率が崩れ、相対的にエストロゲン優勢の状態が起こっているというのです。そして、それが、エストロゲンが過剰にあるのと同じ作用をもたらし、さまざまな体調不良を起こすのです。エストロゲン過剰の状態こそが、女性の諸問題の根源だったのです。プロゲステロン欠乏で相対的にエストロゲン優位になっていることが本当の原因なのです。このため、対策としては、プロゲステロンを補う必要がありますが、医療機関では、合成された人工ホルモン剤を使っているため、人工ホルモン剤の副作用が起こるのです。

最新改訂増補版 医者も知らないホルモン・バランス

天然プロゲステロンクリームで体調は戻る

そこで、どうするかですが、人工ホルモン剤ではなく、天然のホルモン剤を使うことで健康回復ができるのです。天然のホルモンは、三十年以上も前にすでにヤムイモから生成できる技術が確立され、安価に作れるのです。そして、製薬会社は安価な天然プロゲステロンを仕入れて、化学式をいじって、人工ホルモン剤を製造し、これで利益を上げているというのが実情です。安全で安価な天然プロゲステロンを売るよりも、合成した人工ホルモンは、特許も取れて高額なので製薬会社の利益になるのです。しかし、患者にとって、一番良いのは、安価で安全な天然プロゲステロンを使うことであることはいうまもありません。実はアメリカではドラッグストアで誰でも簡単に天然プロゲステロンのクリームを入手することができるのです。
この方法は、きわめて安価であり、安全性が高いのであり、ジョン・R・リー博士に賛同する多くの医師がアメリカでもこの方法を広めようとしています。その恩恵を多くの女性が得ているのです。

アメリカのサプリメントを買う方法

天然プロゲステロンクリームは、20mgを毎月26日まで使い、月末まで休みます。閉経していない女性は、月経開始日を第一日とし、12日目から26日目まで塗ります。このように毎月使っていくのです。これはジョン・R・リー博士の指導されている使い方です。簡単に誰でもできる健康法なのですが、まだまだ知らない人が多いようです。ところで、さまざまなサプリメントが入手できるようになった日本ですが、まだ法規制などもあり、プロゲステロンは国内で誰でも購入できるようにはなっていません。入手する場合、アメリカのサプリメントを個人輸入できる販売サイトを探す必要があります。アイハーブなどの販売サイトがあります。そこでは、ジョン・R・リー博士の処方どおり、こさじ4分の1で一日の適量である20mgの天然プロゲステロンが含まれるクリームが入手できるのです。

あわせて読みたい関連記事

タイトルとURLをコピーしました