小麦の食品を減らし無農薬米や無農薬野菜を

小麦は危険な食品です。小麦を使った食材は、私たちの日常にありふれています。日本人の文化としても、うどんや、お好み焼き、 たこ焼き、そうめん、などいろいろあります。しかし、その小麦は、ほとんどが輸入品です。 国産の小麦は一割で、九割が輸入です。

アメリカから輸入されている小麦の正体

アメリカ産の小麦の種は、戦前に日本で開発された農林10号というすばらしい品種を、ロックフェラー財団がさらに品種改良して完成されたものです。1960年代に完成されたその品種はすでに、遺伝子組み換えされたものと呼んでもよいぐらいに、その遺伝子が変異してしまっており、もとの小麦とは別物といってもよいほどの物です。その結果、何がおこったか、アメリカでは、メタボが激増し、社会問題化しました。 アレルギー性皮膚炎や高血圧や糖尿病などの生活習慣病と呼ばれる疾患が増えました。これまではその原因が、生活習慣にあるとされていた疾患でしたが、著名な心臓病の専門家である医学博士、ウイリアム・デイビス 医師が、二千人の患者に指導したのは、「小麦抜き食生活」でした。

小麦は食べるな!

現代の小麦は万病を生む穀物と化した

小麦抜き食生活を実践した結果、どれだけダイエットしても肥満が解消されなかった人がやせ、 アレルギーや心臓疾患、高血圧などが改善、治癒していったのです。そしてウイリアム・デイビス医師は、遺伝子操作された小麦を摂取することで、健康が阻害されていることに確信をもったのです。小麦およびその加工品は、アメリカの食生活にあふれています。小麦とはいいますが、それはすでに元来の小麦とはまったく別のものになっています。摂取されることで、血糖値が急激に上昇し、脳にはグルテンが麻薬のような依存性をもたらします。ウイリアム・デイビス医師は小麦は小脳をじょじょに犯し、50年以上かけて、 致命的な疾患を引き起こしているというのです。小麦を食べないことを炭水化物除去食の中心にすえることは、さまざまな疾患を改善、治癒させることにつながるということのようです。

無農薬の小麦を入手するのは困難

無農薬米はあっても無農薬の小麦は入手困難です。そうであるなら、農薬を使用されているだけでなく、遺伝子操作もなされて、代謝系を狂わせているらしい、小麦および小麦加工食品を、できるだけ食べないようにすることが、健康を守り、アレルギー疾患を治す、もっとも重要なことといえそうです。しかしながら、うどん、たこ焼き、お好み焼き、それにイタリアンなどが、食べられなくなることは悲しいことです。しかし、できるだけ減らすということは可能かもしれません。無農薬米を中心にした和食にすることです。

無農薬野菜と有機野菜の特徴

農薬、化学肥料は使えば使うほどに、土壌が消耗して、死んだ土になっていきます。これは、はじめて無農薬、有機農法での農業にチャレンジした農家が すべて実感することです。最初の数年間、農薬なし、化学肥料なしの農地では、まともに作物が収穫できません。これは、死んだ土壌が生き返るのに数年間を必要とするためです。数年間の忍耐を経て、農地がよみがえり、はじめて、豊かな無農薬野菜、化学肥料なしの野菜が収穫できるのです。このことから、農薬という表現は「農毒薬」と 言い換えても良いと言えるでしょう。

化学肥料は作物の麻薬

化学肥料を使い始めた時には、作物は一時的によく成長し、収穫が増えます。ところがしばらくすると化学肥料により、土が消耗して酸性化し 以前から蓄積していた有機物の栄養素、ミネラルや酵素などもなくなって、不健康な作物しか育たなくなります。そのため、ますます病気に弱い作物ができ、これに対応するために 農薬をさらに使用する悪循環におちいります。農薬、化学肥料、除草剤などを使用すると、自然界の生態系が狂い、もともといた天敵になる小動物が死滅するため、害虫はますます増殖していくのです。このような土地でできる作物は、栄養素も少なく、 有害な残留農薬のために、危険性のある農作物になっているのです。

あわせて読みたい関連記事

タイトルとURLをコピーしました