無農薬栽培の国産野菜や国産米を食べて健康に

戦後、GHQが日本にやってきたとき、日本文化を徹底的に破壊しようとしました。その一貫として、日本人の食生活を破壊することをもくろみ、 脂っこい食事やパン食、牛乳、牛肉などを食べさせるように仕組みました。GHQからお金をもらったお抱えの栄養士がまことしやかに欧米食の優秀性を日本国民にアピールしてまわりました。

戦後に進んだ食の欧米化の弊害

洗脳工作は、二千年続いた日本文化破壊に一役買ったのです。アメリカとしては、自国の農産物を輸入させる市場として、日本を開拓しようとしたのです。その結果、日本人にあわないものを食べさせられ続けた国民は、癌の発生が増えて、アレルギー体質が増えて、 戦前ではありえなかった病気が国中に蔓延するようになったのです。小麦や乳製品の消費が日本で増えたのはアメリカの占領政策の結果なのです。そして、花粉症や喘息や食物アレルギーのほか、乳がんや子宮がんや大腸がんなどが増加したのです。そして、日本国内での農業は、野菜やコメの輸入をするようになって次第に衰退してきています。農家の継承者が不足しているのです。食料の自給がこのままでは崩壊する危険があります。

福島の無農薬米

福島県にも、すばらしい無農薬米を生産している農家がたくさんあります。 福島県というと、放射線の問題を気にされる人もいますが、現在では、生産されたすべてのお米を放射線測定によって検査しています。そして、放射線の検出が基準値以下の状態になっています。動画では、全袋検査の状況をレポートしています。そもそも、日本の土壌には、自然放射線が存在し、それは健康に必要なものです。他の土地となんら変わらない安全レベルにすでになっていることがこの動画でもわかるでしょう。福島県は、もともと農産や水産の盛んな日本の食糧生産基地でした。豊かな自然が農産物を生み出し、海は魚介類を豊富に人に与えてくれました。放射線に関する風評被害がありましたが、すでに安全です。マスコミの情報操作にまどわされず、福島の人々を支えてあげたいものです。多くの国民が福島のおいしい米を食べて被災された方々を助けてあげていただけますよう願うものです。

農薬の害を避けるには無農薬野菜を選ぶ

輸入農産物に多く残留している農薬はアレルギー性鼻炎やアレルギー性皮膚炎やアトピー性皮膚炎を悪化させてしまうのです。有機リン系農薬の影響は、セロトニン神経系にも悪影響を与えます。最近の研究で発達障害の原因として、乳幼児期の有機リン酸農薬に曝露され続けたことが大きな影響があるということがわかってきています。セロトニン神経系の障害では、じんましん、偏頭痛、シックハウス症候群、注意欠陥多動性障害、うつ病などがひきおこされることがわかってきています。有機リン系農薬は、インスタントラーメンに使われている安価な輸入小麦に大量に含まれています。 また、スナック菓子なども同じく安価な輸入小麦から作られています。学校で使われているパンなども、農薬残留量が多くて危険です。

お米も無農薬米がもっとも健康によい

日本には無農薬の味噌があります。無農薬の有機栽培の大豆でつくられた味噌です。味噌や米や漬物といった和食は食べる薬のようなものであり、万病の予防になります。発達障害も食事の影響があるといわれ、 乳製品や小麦を減らして、味噌や漬物や米という和食が 発達障害の改善にもつながるという専門家も出てきています。それほど、食事の健康への影響は大きいのです。 生活習慣病の予防に、食事内容を考えることが重要だとされています。規則正しい食生活で、寿命は延びるとの研究もあります。 低カロリー食が良いのだとされてきましたが、新しい研究によれば、量を減らすより、規則正しいい食事のほうが重要であるとわかってきています。日本に輸入されてくる某国からの野菜は年間150万トンにものぼります。しかし、その生産現場は、汚染と農薬により荒廃しきっているのです。まさに殺人野菜や毒肉といったものを某国は国外に輸出しています。某国の農民たちは、都市の人が病気になっても関係ないと考えて、危険な農薬を過剰に使用しているのが現状です。

日本向け輸出野菜、食べる人の健康など一切関係ない

亡国の農家では、モラルのない生産方法で農薬野菜がつくられているのです。トマトやスイカなどには、ホルモン剤を過剰に振り掛けているのです。農民は、成長ホルモン剤や農薬や化学肥料を使いまくった野菜を売り、自分たちは、無農薬の野菜を別に栽培して食べているのです。某国においては生産者モラルというのは完全に崩壊しているのです。まさに無道徳の国です。特に深刻なのが、農薬による農産物汚染です。世界の全耕地の9パーセントしかない某国の耕地で、世界が生産する 化学肥料の32パーセントが消費されているのです。外食産業は安価な輸入野菜を使うケースも多く、発がん物質まみれの野菜を食べさせられている可能性があります。世界平均の三倍以上の農薬を使用しているのが某国の野菜生産なのです。その野菜は、実は日本に加工野菜や乾燥野菜としてのものも含め、年間150万トンも輸入されているのです。日本に入ってくる生野菜が年間54万トン、冷凍野菜40万トン、加工野菜30万トンです。ものすごい大量の汚染野菜がすでに毎年日本に輸入され、さまざまな用途に使われているのです。

あわせて読みたい関連記事

タイトルとURLをコピーしました