無農薬野菜を選ぶことで健康長寿する

スポンサーリンク

日本ではいま、無農薬野菜を食べる人が増えてきています。 それは、農薬が微量でも蓄積することで長期的には癌になること が次第に明らかになってきたからです。放射能汚染問題がさかんに言われていますが、 放射線は、微量であればむしろ癌を予防してアンチエイジングをもたらします。全国のラドン温泉やラジウム温泉が証明していることです。玉川温泉や、三朝温泉の人気は放射線ホルミシスの健康効果によるものです。ところが農薬はどんなに微量でも、あればあっただけ 有害作用をします。これは放射線との大きな違いです。農薬は、石油系、化学系のすべての農薬は、有害です。 癌を恐れるなら、まず無農薬野菜を食べるべきです。

農薬の害から身を守る

野菜だけではなく果物も同じです。 むしろ果物のほうが使用する農薬は多いのですから、 気をつけなければなりません。 中国から入ってくる輸入野菜は特に危険です。 輸入のときに検査漏れは必ずあるはずですので、そうとう農薬の残留が多い野菜が日本に入ってきています。 いま話題のTTP参加が実現すれば、このような危険な 農産物がどんどん日本に入ってくるのですから、TTPは必ず参加阻止すべきで、国民全部が力を合わすべきです。ともあれ、いま、すべきは無農薬野菜を食べて、 農薬が体に侵入してこないように防止することです。それには、無農薬野菜を宅配してくれる通販野菜が便利です。 最初から無農薬野菜を選定して、良いものを選んでいるので、自分で個々に探すよりも効率がよいです。

食べもので若返り、元気で百歳

中嶋農法のように無農薬でミネラルバランスを考えて野菜をつくると、その無農薬有機栽培の野菜には、病気を治すパワーが生まれます。中嶋農法は、ミネラルバランスを考えて土をつくるところから始めます。木村秋則さんの奇跡のリンゴの栽培法にも通じます。本物の土づくりで野菜をおいしく育てる中嶋農法のすばらしさがわかります。中嶋農法の作物はコクがあり、おいしく、食べた人を健康にします。家庭菜園の栽培を無農薬で行うことは非常によいと思います。こうした無農薬野菜の栽培を自分でしてみると、その味わい深さに 感動することになるでしょう。家庭において出される食材にも、できるだけ無農薬の野菜やお米などが使われるようになれば家族も健康になります。今はまだ価格面から、全面的に無農薬野菜や無農薬米を使っている家庭は少ないようですが、将来的にはそういった家庭は増加してくるのではないでしょうか。

無農薬、無肥料の野菜

無農薬栽培の野菜や果物が安心、安全であることは、多くの人々に理解されてきています。無農薬栽培が普及し、日本人すべてが無農薬栽培の野菜や果物を食べられるようになれば日本人の癌や脳卒中も減少することでしょう。しかし、無農薬だけでは、まだまだ不完全です。究極は無農薬に加えて無肥料で、野菜も果物も栽培される形が理想です。自然界のどんぐりもアケビも、農薬や肥料の助けを必要とせずに実ります。「奇跡のリンゴ」で有名になった木村秋則さんも、リンゴを無農薬、無肥料で栽培し、すばらしい成果を出しておられます。

無農薬は健康長寿の元、健康になる野菜

自然界の仕組みを正しく理解すれば農薬だけでなく肥料も必要なくなるのです。少なくとも、消費者への善意があるというならば、無農薬栽培を追及するのはもちろんのことですが、さらに化学肥料を使うことを完全に停止すべきです。そして、有機肥料もできるだけ減らし、必要最小限に抑えるべきでです。すべての農家が、消費者への善意を持ち、商売優先を捨てて、木村秋則さんをはじめとする全国の無農薬無肥料栽培の先駆者に学んで、理想の野菜栽培や果物栽培を実践して頂きたいと念願しています。

あわせて読みたい関連記事