蒸留水を飲んでアンチエイジング

蒸留水というのは、昔でいえば、雨水です。一度、蒸発してから気体から液体に戻ったものが雨水です。実際には大気汚染もあり、雨水を飲むのはおすすめできません。それで、蒸留水を家庭で製造する機器を使ってつくります。蒸留水は不純物がゼロであり、体内に入るとすみやかに吸収されます。純水は医療の分野でも精製水として使われています。点滴薬を溶かすための水として使われているのです。

蒸留水デトックスで肉体を若返らせる方法

蒸留水には、肉体に対して若返りの効能があるようです。この蒸留水のデトックスの仕組みの詳細はいまだ解明されていない部分もありますが、蒸留水健康法の提唱者の医師ブラウン・ランドーン博士によると、血管の老化を改善し、動脈硬化を除去するということです。蒸留水のデトックスの効果は、頑固な便秘の人が、蒸留水を毎日飲むようになると、下剤をまったく使う必要がなくなり、どんどん快便になっていくことからもわかります。蒸留水に接触すると、腸管や大腸の粘膜に強いデトックス刺激が発生しているようです。不純物の多い巷の水よりは、はるかに安全性が高いことは確かなようです。

腸管粘膜がデトックスに傾けばその影響は全身に

実際に、デトックス反応をもっとも実感できるのは空腹時に蒸留水を少し多めに飲んだときです。多めといっても、小さなサイズのペットボトルぐらいです。それでもデトックス反応があってお通じがよくなります。そして肌がきれいになり、吹き出物や肌荒れが解消して、肌にはりとツヤが戻ってくることも多く実感される現象です。腸粘膜を整えることが全身に好影響となるのは、最近の抗加齢医学の諸研究でも次第に明らかになっていることです。また良質の水分をとることは、新陳代謝をサポートすることにもつながります。

ブラウン・ランドーン博士曰く蒸留水は万病を治す水

蒸留水は混じりけのない、純水です。水を沸騰させて、水蒸気にして、再び冷やして水に戻して作ります。蒸留水は体に吸収されると、体内の老廃物を取り込んで、排泄するのです。蒸留水を飲んでアンチエイジングを実現した人は多く、蒸留水を広めた医師ブラウン・ランドーン博士は、98歳の長寿をまっとうされました。死ぬまで50代にしかみえないほど、若々しい肉体を維持していたそうです。動脈硬化や高血圧などの患者に蒸留水健康法を実践させて治癒させた症例がブラウン・ランドーン博士の著書に掲載されているのです。ランドーン博士の業績についてはこれからも、さらなる検証がなされるべきであると思います。そうすることで蒸留水の意外な作用が発見されるかもしれません。

製蒸留水器で簡単に蒸留水を作れる

従来は一台十万円もした家庭用蒸留水精製器ですが、今はその3分の1以下の価格で入手できるようになりました。毎日飲むことで効果を発揮するのが蒸留水です。家庭用蒸留水精製器は、蒸留水アンチエイジングを実践するには最適です。サプリメントを飲むときに、蒸留水で飲むということも良いと思います。赤ちゃんの粉ミルクを作る時も安心して使えます。また、蒸留水で入れる紅茶やお茶はたいへんおいしいと感じます。



メガホーム社製・蒸留水器<メガキャット>

あわせて読みたい関連記事

タイトルとURLをコピーしました