自然栽培を普及させた木村秋則さんの奇跡のりんご

スポンサーリンク

無農薬有機栽培が人気ですが、無施肥、無農薬の自然栽培は、それ以上に健康に良いのです。自然栽培の日本における第一人者は、木村秋則さんです。世界ではじめて無農薬、無施肥でのリンゴ栽培を成功させ、その半生は「奇跡のリンゴ」という題名で映画化もされています。癌を予防する効果が野菜にはあるといいますが、農薬と化学肥料を使った野菜にはその効果が低いのです。

農薬と化学肥料を多用すると野菜は硝酸塩を多く含有

化学肥料で育て農薬を使うと野菜は硝酸塩を多く産生するようになります。この硝酸塩は体内に入り、他の物質と反応して発癌性物質を生み出します。中国産の野菜には硝酸塩が多量に含まれており胃がんの原因になっているといわれています。中国では大量の農薬と化学肥料を使っているのです。日本では、無農薬有機栽培を志す農家が少しずつ増えています。いまや、日本全国で、無農薬栽培農家が頑張っています。無農薬有機栽培の野菜は、ほんとうに癌を防ぎ、健康長寿を叶える野菜です。農薬をたっぷり使い、そして化学肥料で促成栽培したものは、硝酸塩が多量に含まれており、癌を引き起こします。そして、忘れてはならないのが、農薬そのものが発癌性物質であることです。農薬には、発癌性があるにもかかわらず、それを野菜に使うという矛盾。

中国産野菜は農薬のため表面の部分は食べられない

あまりにも農薬の含有量が多くて、洗浄したり、削ったりでは、全部とれないのです。またコンビニの総菜のほとんどが中国産野菜で安価に生産されています。この中国産の野菜には大きな問題があります。それは硝酸塩が大量に含有されていることです。国産野菜でもハウス栽培や促成栽培で硝酸塩の含有が増加することがわかっています。硝酸塩は大量の化学肥料を使って、早く大きく育てる際に野菜に蓄積されていく物質なのです。中国では農薬や化学肥料の使用がどんどん増加しています。もちろん、残留農薬も問題です。こうした細胞レベル、遺伝子レベルで肉体を損傷してしまう食材を食べていると、肉体の老化もどんどん進んでしまいます。まずはコンビニに依存した食生活をやめましょう。国産の野菜、できれば無農薬栽培、無化学肥料の野菜を使っていきましょう。

日本国内で頑張っている無農薬栽培の農家を応援する

消費者が無農薬野菜を選ぶことで、ますます日本中に無農薬栽培が増えていきます。志を持っている本物の農業家たちを助けたいものです。そのためには心ある国民が少しずつでも、無農薬野菜に切り替えていくことです。それが日本の農業の流れを変えていくのです。無農薬野菜は食べてみると、本当においしいのです。そのコクと甘さと香ばしさをぜひ、体験してみてください。木村秋則さんが全国の有志に無農薬、無施肥での野菜栽培、果物栽培を伝授して活動されているおかげで、今では全国あちこちに無農薬、無施肥での自然栽培を実践する農家が増えてきているです。通販などを利用すればそれが手に入るようになっているので、ぜひ、自然栽培の野菜や果物を選ぶようにしましょう。

無農薬農法の農家は増えていて宅配でそれを注文できる

無農薬の野菜を食べるには、生協宅配申し込みや、生協の宅配パルシステム、オルター、よつば、などの野菜の宅配を申し込みすると安心で便利です。これらは生産者の顔がみえるということです。農作物をどんな方法で生産しているのか、農家によってそのモラルはさまざまです。たくさんの農薬を使って野菜や果物を育てる農家もあります。一方で農薬の使用を最小限度に抑えて、消費者の健康に配慮する生産者もあります。

無農薬および無化学肥料をモットーにして自然農法をライフワークに

意識の高い農家も存在します。そういった優良なる生産者を選び、消費者のもとに直接届けようという発想が生協の思想の根底にあります。農薬の問題や食品添加物の問題など、現在の食品業界には日本国民の信頼を損なうような、そして不安を増大させるような要素がたくさんありますが、そのリスクを少しでも下げるために宅配システムを活用するのは賢明な方策だといえます。たくさんの食材宅配業者が存在していますので比較なども有意義です。たとえば、オイシックスもあります。これも有機栽培の野菜を中心とした食材の宅配をしています。こういったものを上手に活用して安心の食材を選ぶことが大切ですね。

アトピーやアレルギーの子供には無農薬、無添加の食材を

特に赤ちゃんや農薬アレルギーのある子どもなどには、農薬や食品添加物のできるだけ含まれないものを食べさせてあげたいです。できれば無農薬有機栽培の野菜や果物を選びたいですね。経皮毒という考え方があります。これは大きな概念であり、石油化学系物質を含む、さまざまな日用品が、該当します。入浴に使う洗剤や食器の洗剤、衣類の洗剤、化粧品、毛染めなど。これらの化学物質は、発がん性があったり、アレルギーを起こしたりします。まずは、身の回りから有害な石油系化学物質を排除してみましょう。お風呂では、無添加せっけん、無添加シャンプーを使いましょう。入浴剤も市販の多くは石油系の化学物質が含まれるのでやめておきましょう。食器用の台所洗剤も無添加のものにしましょう。合成界面活性剤を含む石油系の洗剤は、食器にこびりつき、食事のときに少しずつ、体内にとりこまれてしまいます。衣類の洗剤も同じです。衣類にくっついたまま汗をかくと、汗に溶けて、そのまま体にしみこみます。

市販の化粧品にも有害な化学物質が使用されている

化粧品は皮膚にぬりつけるので、特に気をつける必要があります。石油系タール色素は有害な発がん物質ですから、これを使用していない天然成分で、石油系化学物質が使われていないものを選びましょう。ヘアカラーはたいへん有害な化学物質が含まれているものが多く、頭皮から少しずつ体内に取り込まれるので危険です。完全に天然成分だけで作られたものだけを使いましょう。ミヨシ石鹸や太陽油脂株式会社、はじめ、日本でも数社の製品が石油系物質を一切使わない無添加製品になっており、比較的安価に入手可能です。まずは、身の回りの製品をこういったものに変えて様子をみてみましょう。

あわせて読みたい関連記事