40代からの「太らない体」づくりの秘訣

抗加齢医学

40代からの若返りで大事なのは、成長ホルモンの分泌です。成長ホルモンは、成人後は、肉体のメインテナンスおよび、修復のため 重要な働きをしているホルモンです。これが夜10時から深夜2時にかけて分泌がさかんになるので、この時間帯にできるだけ睡眠状態にしておきたいと昔から言われてきました。ところが、最新の研究によると、成長ホルモンの分泌は入眠してまもなく始まり、熟睡している三時間ぐらいに多く分泌され、時間には関係がないのです。

早めの就寝にはメリットがたくさんある

ただし、ほかのホルモンの分泌を考えると、10時に眠るのがなかなか難しくても12時には就寝しましょう。また夕食の内容が、その日の睡眠の際に出るホルモンを左右します。 そこで、甘いもの、炭水化物、アルコールを夕食で食べないように 心がけることが大切です。どうしても食べる場合も、就寝二時間前までにすること、そして、できるだけ少なくすることです。こうすることで、睡眠の最中に成長ホルモンが多く出るのです。



スポンサードリンク

DHEAの若返り効果

そして、若返りホルモンであるDHEAを増やす工夫をしましょう。 DHEAは、成長ホルモンと並ぶ、重要な若返りホルモンです。DHEAは女性ホルモンや男性ホルモンの減量であり、筋肉量を増やし、肌を若返らせます。DHEAは、食材ではバジルをとると増えるとされています。サプリメントとしてはワイルドヤムという 植物からつくったものがDHEAの原料になるのでおすすめです。また、筋力トレーニングは成長ホルモンの分泌を促進するので、 毎日、運動、筋力トレーニングを軽度でもいいので、続けることを おすすめします。


40代からの「太らない体」のつくり方 (知的生きかた文庫)

あわせて読みたい関連記事



スポンサードリンク