若返りとデトックス

デトックス

私たちの日常使うさまざまな日用品には、石油から合成された化学物質が多用されています。シャンプー、ボディソープ、化粧品、歯磨き剤、制汗デオドランド、口紅、毛染め剤などには、調べてみると、非常に有害な石油系化学物質が多用されていることがわかります。これらの化学物質のなかには、発がん性が認められているものもありますが、国が認可しているために、堂々と原材料として使用されています。



スポンサードリンク

長期の使用により癌になる可能性もある

こうした物質の害については十年、二十年の蓄積によって癌になったり、アレルギー症状が出現するために、長期的影響に関する研究はほとんどなされていないのです。短期的研究だけで有害性がないと判定されて使用が認可されているのです。最近、女性の子宮筋腫や子宮内膜症が増加していますが、これの原因として、こうした有害化学物質の存在が指摘さてています。アレルギー体質、アトピー、花粉症の発症にさえも、こうした化学物質が誘因になっている可能性が高いといいます。

経皮毒をデトックスする方法

こうした皮膚から浸入する有害物質を称して、「経皮毒」と便宜的に呼んでいます。医学用語ではありません。経皮毒は与太話だとか、経皮毒は悪徳商法だといって、経皮毒の存在を否定しようとしている人々もいます。大手の化粧品メーカーの製品などは経皮毒の概念にあてはまるため、この事実が庶民に知れ渡ることを必死で隠そうとしているのでしょうか。本書の著者、大森隆史医師は、九州大学工学部大学院合成化学専攻、さらに石油会社勤務の後、医師を志した人物です。工学系の専門知識を基礎にした経皮毒対策のノウハウで、たくさんの患者さんを救ってこられました。本書を読み、日本国民の多くが経皮毒の害から身を守り、安全、安心な日常生活をおくられることを望みます。



スポンサードリンク

石油系合成界面活性剤を使用していない安全なシャンプーやソープ

日本では、安価で無添加の国産品が入手できます。太陽油脂株式会社や、ミヨシ石鹸株式会社の製品を選ぶとよいでしょう。これらは戦前からある会社でヤシ油を中心にした安全な製品を提供しています。なお、本書は、サケ、マグロ、カツオなどの大型魚を食べると水銀を取り込んで、体内に重金属汚染がおこると指摘しています。若返り、アンチエイジングを考えたら、こうした有害汚染物質を除去する、デトックスがたいへん重要になってきます。

「重金属」体内汚染の真実 ―ほんとうのデトックスのすすめ (プレミア健康選書)

あわせて読みたい関連記事



スポンサードリンク