アンチエイジングにホルミシス

ホルミシスというのは、低線量の放射線による健康増進効果のことです。 ホルミシス効果とも呼ばれます。 昔から、ラドン温泉やラジウム温泉が、健康に良いことは知られていました。 三朝温泉や玉川温泉は、低線量の放射線が出ていることが知られています。 そして、この温泉の湯治により、余命半年とされた末期癌の患者が五年以上 生きられたり、重度のアトピーやリウマチが治ったりしています。 なぜ、低線量の放射線にこのような健康効果があるのかというと、 もともと、人間の細胞は、低線量の放射線にあたっていないと、正常に 機能しないようになっているためです。 人間だけではなく、微生物でも、自然放射線を完全にゼロにカットした容器に 飼育するとすぐに全部死滅してしまいます。 最近のニュースでは放射線がすべて人体に有害であるかのごとく報道されています。 しかし、現在の福島県の二倍以上の自然放射線がある土地は世界中に多くあります。

スポンサーリンク

低線量放射線は健康増進し若返りを促進

コロラド州もそのひとつですが、そこにたくさんの人間が健康に暮らし子供も生まれています。 癌や奇形が増えているということもまったくないのです。 それどころか、日本の数倍の自然放射線がもともとある地域は世界中にあり、 そこにはたくさんの人が健康に暮らしています。 つまり、現在の福島の避難区域も、汚染土の除去もまったく無用なのです。 福島県とほかの数県の調査でも甲状腺癌の割合は、福島がほかの県と比べて 増えている結果になっていません。チェルノブイリのように汚染牛乳を連日飲まされた 事故と福島の状態をいっしょくたに考えても意味がないのです。 ともあれ、福島では今、農作物もたわわに実り、酪農でも牛が大きく育ち、まさに ホルミシス効果で動植物も人間も健康になっています。 この真実をなぜ新聞もテレビも報道しないのでしょうか。 低線量の放射線を利用したラドン温泉やラジウム温泉は、細胞を若返らせて、 癌を予防し、アンチエイジングを促進してくれるものだったのです。

医師がすすめるラドン温湿浴 ~放射線ホルミシス療法のすべて~

あわせて読みたい関連記事