若返るには中国産は食べない

若返り

中国の鶏肉は、かなり危険であることがわかってきました。抗生物質を過剰投与し、出荷前日まで使用をやめない業者が多く、輸入している日本の企業もなかば黙認しているということもわかってきています。大手のファーストフードの食材として、中国の鶏肉が広く使用されており、その肉の中には養殖において使用された女性ホルモン、エストロゲンが高濃度で含有されていることが判明しています。小学生がこうした肉を頻繁に食べると、女性ホルモンの作用で、小学生の第二次性徴が異常に促進されたり、身長の伸びが停滞したり、さまざまな悪影響があることがわかってきています。中国から輸入されているタマネギやシイタケは、スーパーには出回らず、すべて外食産業に買い取られています。そのタマネギやシイタケにはカドミウムや有機リン系農薬や重金属が高濃度で含有されていることもわかってきました。

安い外食は危険

外食をすればするほど、カドミウムや有機リン系農薬や重金属を知らず知らずに摂取することになります。その結果、ガンになったり、カドミウムにより脳が犯されて、精神疾患にかかるリスクがあります。外食により有機リン系農薬を大量に取り込むことで、子どもが発達障害の症状を発症する可能性があります。すべては中国産の毒野菜や毒加工品を企業が安いからとの理由で、どんどん購入するためにおこっていることです。ハンバーガーや牛丼をはじめとするファーストフードはいまや中国産の鶏肉やタマネギがなければ、成立しない状態です。中国では日本で使用禁止になった毒性の高い農薬が簡単に入手できるので、農民は輸出用に売るものに大量に使用しています。



スポンサードリンク

 

ガンや膠原病やアレルギーになりたくないのであれば、中国産を使用している外食産業を利用することを即刻、やめることです。そして、安心、安全の食材を宅配してくれる業者と契約して、無農薬野菜や国産品を食べるようにするしか安全確保の方法はありません。自然派コープやオルターやよつば、オイシックスなどさまざまな企業が、無農薬野菜や国産野菜、安心できる食材を宅配してくれます。いまや、そういったものを使う以外には身を守るすべがありません。TPP参加がなされたら、これ以上に危険な状態になることでしょう。

あわせて読みたい関連記事



スポンサードリンク