水素水で若返る

水素水

71歳になっても血管をはじめとする体内年齢が28歳の状態を維持している春山茂雄氏の書です。医師として病院院長も務め、現在もクリニック経営をして、医療活動を実践しておられる春山氏もまた、食べすぎの害を指摘しています。 食べすぎがなぜ悪いのか、それは、空腹をつくらずにだらだらと食べると、糖質であるグルコースと、蛋白であるアミノ酸が結びつくとアマドリ化合物というものができ、これに活性酸素が加わると、糖化反応というものが起こります。血管でこれがおこると、それが脳であれば、アテローム硬化(粥状硬化)というものになり、それが脳梗塞をおこします。心臓の冠動脈であれば、狭心症や心筋梗塞になります。 また大動脈でおこる中膜硬化が進めば、メンケルベルグ型動脈硬化とよばれる変化がおこり、大動脈破裂となるのです。

水素水の通販

こうした血管の病気を起こすのはアマドリ化合物が長く体内に残るためであり、それを阻止することで、この変化を予防できるのです。 どうすればこの結合を引き離せるのでしょうか。それは空腹の状態をつくりだせばよいのです。つまり血糖値の低い状態をつくりだせば、糖と蛋白は再び分離するのです。一日に三回は空腹の時間が必要であるというのはこういうわけなのです。 糖と蛋白はこうして分離し、糖は燃えて消費されるのです。 これで間食やだらだらしたおやつなどが老化を促進する理由がわかるのです。アマドリ化合物と結びつく活性酸素を除去することも重要です。活性酸素の中でも最大の悪玉がヒドロキシラジカルです。これを消去するのにもっとも効果があるのが、水素です。 つまり水素水を飲むことはアンチエイジングにとってたいへん効果的なのです。空腹になる時間帯をしっかりとつくること、そして水素水を飲むことは、アンチエイジングと若返りに必須なのです。



スポンサードリンク


新脳内革命 春山茂雄71歳! 体内年齢28歳のレシピ

あわせて読みたい関連記事



スポンサードリンク