記憶力低下にはDHAなど魚の油が効果あり

40才すぎると記憶力が低下してきたことを自覚する人が増えてきます。脳機能が劣化したのだろうかと不安になったり、若年性アルツハイマーじゃないかと心配したりする人も多いです。 アンチエイジングの観点から脳細胞を若返らせる栄養素はどのようなものがあるでしょうか。第一に魚の油であるDHA(ドコサヘキサエン酸)にはアルツハイマー病を予防する効果があることが京大のIPS研究所の発表で明らかになりました。アルツハイマー病の人の脳細胞では、神経細胞の死滅が起こりますが、DHAは神経細胞の死滅を防ぐ効果があるとの研究データが発表されています。また成長ホルモンの分泌低下も脳機能を低下させます。成長ホルモンが不足してくると年齢にかかわりなく、メタボ症状、骨粗しょう症、知能低下、癌などがおこります。古い筋肉を壊すことで、脳は成長ホルモンを分泌することがわかっています。

スポンサーリンク

DHAの通販

それゆえに、運動や筋力トレーニングが老化防止につながるというわけです。古い筋肉を壊すには、筋力トレーニングのような無酸素系の運動が適しているといわれています。また、その後に自転車こぎやウォーキングのような有酸素運動を行うことで、新たな筋肉を育てることができ、いっそうアンチエイジング効果が高まります。また、下半身の新しくできた筋肉からはマイオカインとよばれるホルモン群が分泌されます。マイオカインは、病気予防と若返りのホルモンなのです。 脳細胞には水素水も良いことがわかっています。脳細胞の活性酸素による障害を防ぐのです。水素水の中に含まれる水素イオンは活性酸素であるヒドロキシラジカルを分解します。水素イオンは、脳血液関門を通過して脳細胞に到達できます。脳血液関門はいろいろな栄養素の通過を阻止するもので、脳細胞の栄養素が糖分である一つの理由でもあります。粒子が微細なので水素イオンは脳組織まで到達し、活性酸素を除去してくれるのです。

あわせて読みたい関連記事