ハーブで不眠を解消し若返る

抗加齢医学

眠れない不眠の悩みをかかえる人は多いですが、薬に頼っての生活リズムの調整は難しいです。
薬を処方している医師との相談で行うのが基本ですが、減薬、休薬する努力をまず進め、それができたら、安定剤なども減らしていき、最終的にすべての薬をやめていく、という方法がよいです。そうすることで、結果的に睡眠リズムは自然なものとなり、早朝覚醒や日中の眠気も改善していきます。睡眠に関しては、「不眠では人は死なない」と考えて、「無理やりに薬で眠ろうとしない」ことをオススメします。一晩眠らなければ、翌日はぐっすり眠るように体はなっています。その自然な反応を利用するほうが結果的にはよくなります。早朝覚醒してしまい日中眠くなる人は、昼休みの時間、会社のトイレの個室などに座ってそこで30分居眠りをして、しのぐことで、その日の夜には自然に眠れるようにできます。そのような工夫で、できるだけ睡眠薬や安定剤は、使わないほうがよいです。



スポンサードリンク

睡眠とアンチエイジング

最小限にしつつ、できるだけ減らしていく方向でいくことで、薬依存になっている体から、薬を抜いてあげることが、自然なリズムを取り戻す最善策です。翌日が休日になる前日の晩に、睡眠薬や安定剤を飲まないで、一睡もできないまま、翌日をむかえ、休日ゆえに、その日一日、日中に絶対に眠らないように工夫して過ごし、その休日の晩には、薬もなしでぐっすり眠れて、それっきり、睡眠薬も安定剤もいらなくなった人もいます。そんなときに助けになるのが、パッションフラワーです。このハーブは副作用がほとんどなく、その自然なリラックス作用で、睡眠を促して深い眠りとさわやかな目覚めをもたらすことで知られ、欧米では子供や高齢者には第一選択とされているハーブです。良質の睡眠は、アンチエイジングにとって重要です。深く眠っている時、身体が若返る成長ホルモンが出るからです

あわせて読みたい関連記事



スポンサードリンク