がん予防と若返りには、黒にんにく

がん予防

ニンニクに高いがん予防の効果があることはアメリカでも知られています。ニンニクの中でも熟成させてつくる黒ニンニクは有効成分が豊富です。黒ニンニクがもつ滋養強壮の効能は体力不足に悩む中高年にはおすすめです。にんにくは、古代エジプト人も活用した天然の滋養強壮の食材です。



スポンサードリンク

ニンニクを蒸して熟成する黒にんにく

ニンニクには、癌を予防する作用と心臓や脳など全身の血管の動脈硬化を予防する作用があることがわかっています。動脈硬化は肉体の老化そのものですから、がん予防と動脈硬化予防ができれば、アンチエイジングは実現します。ニンニクは、疲労感を除去して、スタミナをつけるため、体力向上につながります。青森県の山間部では生産された国産にんにくを、蒸して、12日間熟成させて黒にんにくが作られます。この熟成の過程で健康成分が一気に増加します。蒸すことで、にんにくの内部で有効成分が生成されるのです。

アンチエイジングの鍵は癌の予防と血管の老化防止にあり

この双方に有益に働く健康食材がにんにくです。にんにくは、ニオイが欠点であり、なかなか毎日食べられません。しかし、黒ニンニクにすることで、ニオイは気にならなくなるのです。ニンニクを食べると、しばらく口臭やゲップにニンニク臭が、混じることもありますが、黒にんにくはそれがないのがうれしいところです。黒にんにくにすることは、にんにくの癌予防、生活習慣病予防、アンチエイジング、美肌、精力増強、滋養強壮の健康成分を効率よく摂取する加工法なのです。黒ニンニクの常用で血圧が下がったという人がたくさんいますが、そもそもニンニクは食べる降圧剤とも呼ばれているのです。ニンニクの薬効は、メチルアリルトリスルフィドに由来します。これは臭いの成分ですが、抗血栓作用があるのです。



スポンサードリンク

ニンニクには抗ガン作用、抗酸化作用がある

また、強壮作用やインスリン活性作用など、生活習慣病全般に有益な作用があります。高血圧、動脈硬化、糖尿病、脳梗塞、心臓病など、さまざまな疾患の改善あるいは予防効果があるとの研究があります。まさにタバコの逆の作用といえるでしょう。高血圧対策であれば生ニンニクのスライスやすり下ろしが効果的です。ニンニクを傷つけるとメチルアリルトリスルフィドが生成され効果が増します。ニンニク卵黄のサプリや、いろいろなにんにくサプリを毎日飲んでいる人がけっこう多いのは、こうした効果を知っているからなのです。特に喫煙者、あるいは昔、ヘビースモーカーだった人にとっては、ニンニクはたいへんありがたい食材といえます。

あわせて読みたい関連記事



スポンサードリンク