食べ順爆発ダイエットでやせる

食べ順爆発ダイエット

3人の芸能人で実験し、全員が2か月で10キロ以上もやせた食べ順爆発ダイエット。 鳩山太郎(38才)104.4kg→86.5kgの17.9kg減。 ビビる大木(38才)92.6kgから78.8kgの13.8kg減。 レッド吉田(47才)は、86.4kg→76.3kgの10.1kg減。実験は『もてもてナインティナイン』というテレビ番組で行われました。「食べ順爆発ダイエット」の実験を二ヶ月かけて三人が行ったのです。鳩山太郎、ビビる大木、レッド吉田は、なぜダイエット成功者となったのか。



スポンサードリンク

食べ順爆発ダイエット考案者はフィジカルトレーナーの石川英明氏

このダイエットの仕組みは食べる順番を守るということです。和食の常識であるご飯とみそ汁、おかずを順序よく食べる三角食べをやめることから始めます。そして、一品を全部食べ切って後、次の一品を食べるやり方にするのです。必ず最初に食物繊維を食べます。その種類ですが、一番最初に生の食物繊維、次に発酵させたもの、最後にその他の食物繊維を食べます。食物繊維をすべて食べてから、その次に、たんぱく質を食べます。これも最初に植物性タンパク質を食べてから、次に動物性タンパク質を食べます。そして、一番最後に炭水化物を食べるのです。

食べ順爆発ダイエットは血糖値の上昇を抑える

この順番の秘密は、血糖値があがりにくい食品から消化させていくことにあります。血糖値が上がりにくい物を先に消化することの利点は、インスリン分泌を減らすことにあります。血糖値の上昇は、すい臓からのホルモンであるインスリンの大量分泌を引き起こします。すると、血糖降下ホルモンであるインスリンが働き過ぎるために、反動で今度は低血糖になるのです。すると、脳に飢餓状態の信号が誤って送られてしまうので、食欲が増進するのです。つまり、食事の初期段階で血糖値が上がることは、かえって脳が飢餓状態になることを招き、体がいっそう糖を欲して、食欲が不必要に増進され、ついつい食べ過ぎる結果となり、食欲をコントロールできなくなってしまうのです。牛丼に代表されるような肉と米を一緒に食べる食品は、炭水化物が肉の脂質を取り込んでしまいます。脂肪として体内に取り込むのを促進してしまうのです。



スポンサードリンク

食べ順爆発ダイエットで推奨する正しい食べ順

食物繊維から消化され、血糖値の上昇を抑えてくれるのです。それに加えて、脂肪分の吸収を抑えることもできるのです。インスリンの分泌を抑える結果、まったく同じ量を食べても太らなくなるという効果があるのです。食べ順爆発ダイエットのノウハウに含まれるおもしろい仕組みが、炭水化物をドカ食いしていい日が設けられている部分です。これは、新陳代謝を促進するホルモンであるレプチンを減らさないためのノウハウなのです。食べ順爆発ダイエットで体重が減ってくると、新陳代謝ホルモンであるレプチンも減少してしまいます。すると新陳代謝が低下してしまうので、ダイエットを続けても体重が変化しない状態になります。この停滞期を起こさないためには、レプチンを高い状態に維持することが大切です。 レプチンを減らさないためには、一時的に炭水化物をドカ食いして、脳に刺激を与えるのです。

レプチンの分泌を高めるとやせやすくなる

大量の炭水化物を与えらると脳は錯覚し、レプチンを一挙に増加させる反応をおこします。体内に暴食ショックを起こさせてレプチンを増加させるのは、1日で充分であり、体脂肪が女性で28.1%以上、男性で25.1%以上のときはしてはいけません。 体脂肪が多いあいだはレプチンの分泌も多く、炭水化物の暴食の必要性はありません。また、暴食の翌日は炭水化物を抜くようにします。炭水化物を大量にとることで、体内に大量の水分とグリコーゲンが貯まりますが、翌日に炭水化物を抜くことで、糖質とグリコーゲンが燃焼し、水分が排泄されるのです。爆発の日は「体重×45kcal」の炭水化物を食べることができます。50歳からは炭水化物をやめなさいというダイエット法では、炭水化物の食材を制限されるので心理的につらいですが、爆食の日があるこの食べ順爆発ダイエットなら、あなたにも実践可能であるはずです。


食べ順爆発ダイエット (美人開花シリーズ)

あわせて読みたい関連記事



スポンサードリンク