抗加齢医学

抗加齢医学

糖質制限で寿命が縮まり老けることが判明

アマゾンの奥地に住むチメイン族は冠動脈をはじめ動脈硬化が非常に少なく健康な血管を持っています。チメイン族は、炭水化物の摂取率が72パーセントもあり、米やオオバコやコーンなどの糖質の多い食物を食べているのです。日本では炭水化物の摂取の基準値は...
抗加齢医学

老化物質オステオポンチンを減らす方法

老化に関係しているオステオポンチンという物質をご存知でしょうか。オステオポンチンはタンパク質の一種で、100歳を超えて健康長寿している人には、このオステオポンチンは少なく、老化している人には多いということが判明しています。老化の進行を食い止...
抗加齢医学

小麦や牛乳はアレルギー体質になりやすい食材

グルテンフリーとカゼインフリーという言葉が知られてきています。グルテンとは小麦のタンパク質であり、カゼインは牛乳のタンパク質です。これらのタンパク質には、健康に有害であるという共通点があります。グルテンやカゼインは取りすぎるとアレルギー体質...
抗加齢医学

メラトニンとビーマルワン、運動がアンチエイジングの鍵

アンチエイジングに重要な役目を担っているホルモンにメラトニンという脳から出るホルモンがあります。このメラトニン、餌に混ぜてラットに与えると、人間に換算して25年分もラットの寿命が延びたという研究データもあります。メラトニンは睡眠の質を深くし...
抗加齢医学

肌も脳も成長ホルモン分泌を促すことで若返る

頭のいい人は、よく歩くのだそうです。 頭をよくするためには、歩いたり走ったりすることが効果的です。 最低でも、週に一回の運動をするようにしましょう。 日本最高権威の脳科学者も脳のアンチエイジングにはよく歩くことが大切だと説いています。...
抗加齢医学

カロリーを控え、フラックスオイルを飲めば若返る

アンチエイジングを考える人にとって食事の内容と量についての知識は必須です。 量については、カロリーを制限した食事にアンチエイジング効果が あることは、サルやラットを使った実験で、明らかにされています。 動物は、カロリーが制限されている...
抗加齢医学

ランニングマシン、トレッドミルを自宅に置けば若返る

抗加齢医学の研究の結果、軽いランニングはアンチエイジングにもっとも 有益なエクササイズであることがわかってきています。 軽いランニングをすると、健康寿命が延び、全身が若返るというのです。 それは約30分程度の時速10キロ以下の軽いラン...
抗加齢医学

走る習慣や運動の習慣で肉体は若返る

走る習慣があると平均で16年間、体が不自由になる時期を先延ばしにできるかもしれません。米国のスタンフォード大学のフライズ教授の研究によると、健康のために走る習慣のある284人と、走る習慣のない156人とについて19年間の統計によれば、走る習...
抗加齢医学

クレストールをやめてもコレステロールが上がらない方法

クレストールという高脂血症の治療薬の危険性について、週刊ポストや週刊現代などの週刊誌で叩かれています。 クレストールは今や日本中で使われている有名な高脂血症の治療薬ですが、週刊誌がこうした 薬の危険性について特集で取り上げるようになると...
抗加齢医学

ハーブで不眠を解消し若返る

眠れない不眠の悩みをかかえる人は多いですが、薬に頼っての生活リズムの調整は難しいです。 薬を処方している医師との相談で行うのが基本ですが、減薬、休薬する努力をまず進め、それができたら、安定剤なども減らしていき、最終的にすべての薬をやめてい...