無農薬栽培

無農薬野菜

国産野菜の多くは農薬多用、中国産は危険

国産野菜の多くは農薬を多用していて、その使用量は欧米よりも多量です。そして、中国産はそれ以上に危険です。トマトを収穫するまでに農薬が何回散布されるかご存知でしょうか。おおむね四十数回も散布するそうです。熊本県61回、千葉県58回、北海道21...
無農薬野菜

無農薬、無肥料の野菜には虫がつかない

無農薬・無化学肥料で栽培すると野菜には害虫がつかなくなります。不思議なことに害虫は、農薬栽培や化学肥料栽培の野菜を好むのです。我々の既成概念では想像できなかったことです。自然栽培をすると植物は害虫への抵抗力を発揮するようになり、そういう自然...
無農薬野菜

無農薬野菜を選ぶことで健康長寿する

日本ではいま、無農薬野菜を食べる人が増えてきています。 それは、農薬が微量でも蓄積することで長期的には癌になること が次第に明らかになってきたからです。放射能汚染問題がさかんに言われていますが、 放射線は、微量であればむしろ癌を予防してアン...
無農薬野菜

無農薬、無化学肥料での自然栽培こそ日本農業の未来を開く

無農薬栽培のみかんがあるのをご存知ですか?無農薬栽培のみかん、多少のキズはあっても大きさはばらついていても、とてもおいしくて安全。果実は、野菜以上に大量の農薬を使用しています。無農薬の果物のおいしさを一度、体験しませんか。無農薬みかん、収穫...
無農薬野菜

有機農法の野菜の栄養と無農薬栽培の果物

有機農法で育てたホウレンソウのビタミンC含有量は、化学肥料や農薬で育てたホウレンソウの三倍もあるということがわかっています。これは一例であり、ビタミン、ミネラル、酵素などどれをとっても 有機野菜の栄養は優れています。そして、有害な農薬が残留...
無農薬野菜

農薬は人体に有害で発がん性を持つ

農薬の毒性はモルモットなどの急性中毒による半数致死量を基準にして分類されています。基準は決して安全というものではありません。慢性中毒については基準にすら入っていません。魚毒性というものもあります。これは水槽中で魚の半数以上が 48時間以内に...
無農薬野菜

奇跡のリンゴ農家、青森県の自然農法家、木村秋則

リンゴを完全な無農薬、無化学肥料の条件下で栽培し、生産に成功するという常人にはなしえなかった偉業を遂げた木村秋則さんですが、そこに至るまでの道のりは尋常なものではありませんでした。八年間ものあいだ、リンゴの樹は実ることもなく時間が過ぎました...
スポンサーリンク